岩手の名物を味わう旅行

国内の旅行で楽しみといえば観光や温泉などがあります。
その中でもその土地の名物を味わうというのも国内旅行の楽しみの一つだったりします。

今回は岩手を旅行して名物を味わってきたので、ご紹介します。

岩手の名物といえば、どのようなものがあるのでしょうか。
代表的な名物といえば久慈まめぶ汁や盛岡冷麺、ひっつみ、わんこそばなどがあります。

今回は岩手の名物で楽しみながら味わうことができる「わんこそば」を味わう旅をして来ました。

明治40年から創業している岩手の蕎麦料理の名店「東家」さんにおじゃまして、わんこそばを味わってみることにしました。
まずわんこそばは、お椀の蓋を開けたら食べ始めます。食べ終わったらすぐに給仕さんが一口ずつお椀に入れていってくれる食べ方の蕎麦です。

わんこそば10杯でおよそ蕎麦1杯分に相当します。薬味がいろいろ用意されているので、味を変えながら楽しむことができるのも魅力でした。
刺身やお漬物も用意されていたので蕎麦と一緒に味わうことができ、どんどん蕎麦が進みます。のど越しもよく、ツユは出汁の味も効いていて濃すぎず優しい味です。
わんこそばにピッタリのツユと食べやすい蕎麦がとても合っていて、楽しみながら味わうことができました。

岩手での楽しい国内旅行の思い出になりました。
その土地の名物を味わう、国内旅行に出かけてみませんか。